• ホーム
  • JPMザジャパンへの投資と運用の内容

JPMザジャパンへの投資と運用の内容

グラフ

JPMザジャパンは、国内株式を対象としたファンドです。
運用しているのはJPモルガンアセットマネジメントです。
成長の見込まれる銘柄に投資を行っています。
JPMザジャパンはファミリーファンド方式で運用されています。
ファミリーファンド方式とは、いくつかのファンドとして販売されている資金を集めて一つのファンドとして運用する方法を指します。
販売されているファンドをベビーファンド、まとめて運用するファンドをマザーファンドと呼びます。
JPMザジャパンはJPモルガンアセットマネジメントがマザーファンドを運用して、それをベビーファンドとして販売しています。
ですから、別のファンドに組み入れられていることもありますし、別の証券会社や銀行などで販売されていることもあります。
名称が多少違うこともありますが、中にはほぼ同じだと考えられます。
日本の株価が上昇する可能性があるわけですが、その理由はインフラ投資や成長分野への投資が挙げられます。
日本のインフラは老朽化してきていますから、それをいずれは回収しなければならないでしょう。
それに関連した企業の株価は上昇すると考えるのは妥当なことです。
また、政権が安定していることも上昇要因の一つだと考えられます。
現在のところ、経済政策は功を奏しているといってよいでしょう。
この方針はまだしばらく続くものと考えられます。
それを考えれば、日本の株価はまだ上昇すると考えるのが妥当でしょう。
具体的にどの銘柄に投資をしてよいのかわからない人なら、ファンドを利用するのが良いです。
JPMザジャパンは、TOPIXなどのインデックスと比較しても高いパフォーマンスを維持していますから、投資対象としては適しています。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索